2007年9月26日 (水)

世界有数の岩塩採掘場へ行く!! 264日目

32ヶ国目 : ポーランド

都市 : クラクフ
通貨 : ユーロ(1ユーロ = 約150円)

クラクフの南東約15kmにあるヴィエリチカに
世界有数の大規模な岩塩採掘場があると知り、せっかくなので行ってきた。
バスで30分ぐらいで着き、チケットを購入したのだが、
どうやらガイド付きのツアーで回るシステムらしい。
英語のツアーとポーランド語のツアーがあったが、
ポーランド語のが安かったのでそっちにした。
ちなみにポーランド語はまったく分かりません笑。
ガイドの話は聞かないで見て自分なり想像して楽しもう!!
時間になり、まず階段で一気に地下90m地点まで行った。
こんなに地下にあるんだ。よく掘ったものだなと関心だす。
Img_7473
採掘場内には、採掘の様子が人形や模型などを使って再現されていて、
その他にも岩塩で作られた王の像や、小人の像、採掘工の像などが並べられていた。
驚いたのが広い空間にバレーボールやバスケットボールのコートまで
設けられていて、これにはテンションが下がった。雰囲気ぶち壊しでしょ。。

下の写真は、採掘跡の巨大な空間を利用した礼拝堂。
なんとこのシャンデリアは塩の結晶でできたもの!!
Img_7423
昼にはクラクフに戻り、市内観光をした。
クラクフは市街全体が世界遺産で、町自体そんなに大きくなくて、
小さい町好きのオレにとって丁度いいサイズだし、
古都って感じで雰囲気もあって気にいった♪
Img_7557 
チャルトリスキ美術館にはダヴィンチの「白貂を抱く貴婦人」があり
ここにあるとは知らずかなり満足(^_^)
この作品は世界に3枚しかないダヴィンチの油絵ポートレートのうちの一枚。
クラクフ市内が思っていた以上に良くて、もう一泊しても良かったけど、
先に今夜発プラハ行きの電車のチケットを購入してしまったので断念。。
22:00発の電車でプラハ(チェコ)に向かった。Img_7535
 
Img_7501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

負の遺産 アウシュヴィッツ収容所 263日目

32ヶ国目 : ポーランド

都市 : クラクフ
通貨 : ユーロ(1ユーロ = 約150円)

朝5:00にバスはクラクフに到着し、インフォメでホステルを紹介してもらい
orange hostelにチェックインをした。
荷物を置き、クラクフに来た一番の目的でもあるアウシュヴィッツ収容所に向かった。
アウシュヴィッツ収容所は本当は卒業旅行の時にいく予定だったのだが、
ドイツにあると思って勘違いして断念したんだよな。。
行く前にちゃんと調べろって感じ。

第2次世界大戦中、ナチス・ドイツ占領下の土地からはユダヤ人、
ポーランド人、ロマ、共産主義者、反ナチス活動家などが捕らえられ
各地に設けられられた強制収容所へ送られた。
あるものは即座に殺され、あるものは過酷な労働に従事させられた末に殺された。
オシフィエンチムに着くと、見たことある顔が!!
ハンガリーのアンダンテホステルで一緒だったTさんとたまたま再会。
Tさんはオシフィエンチムはもう見終わってて、
ビルケナウに向かうとこで少しだけ話して別れた。Img_7295
オシフィエンチムから見始めたのだけど、
入り口のゲートに「ARBEIT MACHT FREI」(働けば自由になる)
というスローガンが掲げられた門があった。Img_7336
よく見ると「B」の文字が逆さまになっていて、これを作らされた収容者の
せめてもの抵抗だったのだろう!!Img_7327
Img_7315 Img_7229_2 
博物館内には、収容所で殺された人達の、
大量のトランク、眼鏡、ブラシ類、靴などが展示されていた。
大量の髪の毛も展示されててこれは、毒で殺された人達の毛で
その毛で儲けようとしていたのだ。Img_7210
悲惨すぎる。。胸が痛くて悲しくてしょうがなかった!!
でも目を背けずに、受け止めて見た。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)