2007年8月15日 (水)

ユダヤ人博物館に行く 222日目

20ヶ国目 : イスラエル
都市 : エルサレム
通貨 :シェケル(1シェケル = 約30円)

ヤド・ブァシェム(ユダヤ人博物館)に行ってきた。
第二次世界大戦中、ナチス、ドイツによって虐殺された
600万人のユダヤ人を慰霊する目的で建てられた博物館。Img_4097
虐殺に関する写真や切り抜き、遺品などが展示されており
当時の悲惨な様子をダイレクトに伝えていた!!
Img_4094 Img_4101
建物は最近に建てられたらしくとても綺麗で
緑と調和してていい感じだった♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

エルサレム観光 221日目

20ヶ国目 : イスラエル
都市 : エルサレム
通貨 :シェケル(1シェケル = 約30円)

治安の面で少し心配だったイスラエルだったけど、
エルサレムは観光地って感じで、思ったより全然治安も良かった。
Img_3851
Img_4044 Img_4060 Img_4062_2
Img_4039
旧市街の一番メインの嘆きの壁、岩のドーム、イエスの墓がある
聖墳墓教会に行ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

パレスチナ自治区観光 220日目

20ヶ国目 : イスラエル
都市 : ベツヘレム、ヘブロン
通貨 :シェケル(1シェケル = 約30円)

パレスチナ自治区~
同じホテルに泊まってた日本人6人でパレスチナ自治区に行ってきた。
ベツヘレムとても綺麗な町で観光地って感じだった。
イエスが生まれたとされる聖誕教会もあり、
教会の中に入ると泣いている人達もいた。
Img_3908
オレはキリスト教徒でもないし、単なるツーリストなので
この聖地に入り込むのがなかなか気まずかった。
歩いていると、めっちゃ可愛い子を発見して思わず「パシャリ」
Img_3965
次に、ヘブロンへバスで移動した。
バス停のすぐ近くにスークがあり、スークを散策!!
ここには、ツーリストは全くいなくて、
完全なローカルなスークで現地の生活を感じることが出来て楽しかった。
Img_3952_2
サンドウィッチを食っていると、現地の人が来て、勝手にガイドを始めてきた。
お金はいらないから是非案内させてとの話だったので、
ちょっと怪しかったけど、こっちには6人いるし大丈夫かとついて行った。
そのガイドについて行くと、知らない間にユダヤ人の入植地の中に入っていた。
裏ルートで入ったぽい。。
入植地には、そこらじゅうにソルジャーがいて
しかもいつでも撃てるように構えており、緊張感があった。
Img_3981
拳銃を持ったソルジャ3人がこっちに向かって歩いて来た時はまじ怖かった。
思わず前にいた人の影に隠れてしまったわ。
何故かそのガイドの家に行くことになり。。
「30分ぐらいしたらスークに戻る」と告げると、「泊まっていけ」と言ってきた。
このガイドは何が目的かよく分からないし、ちょっと危険な感じがしたので、
帰らないといけないから、スークまで案内するようお願いをした。
これまた、戻るのが大変で、なかなかチェックポイントを超えることが出来ず、
3箇所目でやっと、入植地を出ることが出来た。
何事もなかったから良かったけど、今回の状況は結構危なかった気がする。
あのまま泊まっていたらどうなっていただろうか。。
スークで買い物をしてバスでホテルに戻った。
Img_3999
分離壁には落書きがされており、
「私は、テロリストでない!!」と訴えた言葉とかも書かれていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

エルサレム観光 219日目

20ヶ国目 : イスラエル

都市 : エルサレム
通貨 :シェケル(1シェケル = 約30円)

今日は午前中から、新市街を観光した。
歩いてイスラエル博物館まで行ったけど、
思った以上に遠くて普通に疲れたし。。
チケット(30シュケル)を購入して、中に入ると
タマネギのような建物があり、かなりインパクトがあった。
Img_3733
建物の中に入ると、今日発見されている聖典の中でも
世界最古のヘブライ語聖典があった。
正直なところ、聖典に興味が無かったので、見ても「ふ~ん」て感じだった。Img_3750_2
第二神殿時代の模型もあり、なかなか精巧で見ごたえがありリアルだった。
昼過ぎにホテルに戻ると、Iさんが丁度来て、ダハブ以来の合流!!
その後、エルサレムの旧市街をぶらぶら歩いた。
Img_3826
エルサレム旧市街夜景 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

パレスチナ自治区難民キャンプ訪問 218日目

20ヶ国目 : イスラエル

都市 : クフルティーク
通貨 :シェケル(1シェケル = 約30円)

パレスチナ自治区に行って~
現在宿泊中の宿で知り合ったイスラエルに留学中のMさんのガイドで
ラマラを経由して、クフルティークに行ってきた。

パレスチナ自治区とは、イスラエルに住んでいるパレスチナ・アラブ人が、
独立をして自分達の国家を作りたいという考えに基づいて、
とりあえず作ることができた国家内の国家で、
ウエストバンク内の町をABCの3つのエリアに分けられている。
・Aエリアとは、パレスチナ自治政府による完全自治であり、
スラエル国防軍も撤収しているエリア
・Bエリアとは一応の自治ではあるが、一部の町では治安を国防軍と
パレスチナの共同で維持しているエリア
・Cエリアとは自治といっても、今までのようにイスラエルが社会基盤を支え、
国防軍も駐留しているエリア
オレらはAエリアのクフルティークへ行ってきた。Img_3694
まずパレスチナ自治区に入るのに検問所を通らないといけない。
この検問所はイスラエル人、外国人はだいたい問題なく通過できるが
パレスチナ人にとっては大問題なのだ。
彼らがスムーズに通過をできるのはめったにないらしい。
Img_3574
検問所があるために、緊急の時にすぐに病院に行けず
応急処置が出来なくて病気が悪化した人、死んだ人は数知れない。
またパレスチナ自治区は分離壁と言う壁で囲まれており、
この壁はパレスチナ人からは「アパルトヘイト・ウォール(人種隔離の壁)」
イスラエル人からは「セキュリティ・フェンス(安全確保の柵)」と呼ばれている。
Img_3998
クフルティークに着き、まず現地の学校に行った。
授業風景を見たり、子供と遊んだり、
Img_3596
Img_3599
サッカー日本VSイスラエル戦をやったりした!
ちなみにサッカーは3-1で負けました。
Img_3650
でも子供はみんな元気で可愛かったな(^^♪
午後はパレスチナの現状について話し合った。
オレらは日本代表として訴えかけられた。
パレスチナの人達の生の声が聞け、とても考えさせられた。
「今のオレ達に何か出来ることは無いのだろうか。。」
今オレが出来ることと言えば今のパレスチナの現状を
日本に帰ってからみんなに伝えることだろう!
Img_3682
今回のクフルティーク訪問は本当に貴重な体験となった。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

イスラエルの入国審査 217日目 

20ヶ国目 : イスラエル

都市 : エルサレム
通貨 :シェケル(1シェケル = 約30円)

パスポートのスタンプの問題もあり行こうか迷っていたイスラエルに
行くことを決意して、朝一でキングフセイン橋の国境に向かった!
ヨルダンの出国審査は簡単に終わり、イスラエル側のボーダーに行き入国審査。
緊張しながら待ち、自分の番になり、
オレは最初に最高の笑顔で、「ハロー、ノー スタンプ プリーズ」と言う。
その後の会話…
女性係員「何で?」  オレ「シリアに行きたいから」
女性係員「シリアに何をしに行くの?」  オレ「旅行」
女性係員「イスラエルにはどれくらい滞在する?」  オレ「一週間ぐらい」
女性係員「どこに行く?」  オレ「エルサレムだけ」
女性係員「イスラエルには何をしき来た?」  オレ「旅行」
女性係員「この後どうするか?」  オレ「陸路でチェコまで行き
、チェコからヘルシンキまで飛び日本に帰ります」
女性係員「航空券は持ってる?」  オレ「持ってます」
女性係員「見せて」 
女性係員は何も言わず席を立ち去り、5分ぐらいして戻ってきて
パスポートと別紙にスタンプを押した紙をくれた。
いやぁ良かった。
もし押されたらシリアに入れなくなってしまうから!
イスラエル入国スタンプがあると、
他のイスラム圏やアラブの国など幾つかの国に入国できなくなってしまうのである。
それにしても女性係員の人噂通りドSぽかったわ。
無事イスラエル入国です !
Img_3494

一日一回クリックお願いします!!人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)